美容室でのトリートメントは効果があるの?そもそも必要?

髪をつやつやにしてくれるトリートメントは、自分ではなかなかすることができないので美容室でお願いしている人も多いと思います。

カラーやパーマを繰り返して傷んでしまった髪は、基本的にはトリートメントをしても完璧に元の状態に戻ることはないと言われていますが、美容室でトリートメントをしてもらうことで、補修成分を髪に浸透させることができ、パサついた髪の毛の手触りを良くしてくれる効果が期待できます。

また、美容室でトリートメントをすると、一緒に頭皮マッサージをしてくれるところもあります。

プロのマッサージはとても気持ちよく、頭皮の血行を良くしてくれるので、薄毛や抜け毛で悩んでいる人にはおすすめです。

美容室でトリートメントは必要?

美容室でトリートメントは必要?

美容室によって、トリートメント剤の種類は様々ですし、同じところでもコースによって効果や持続時間が変わってきます。

基本的に高額なものほど効果が1カ月ほどと長持ちし、価格が下がると2週間ほどとなってくるところが多いようです。

とても高額だという意見もあるトリートメントですが、絶対にする必要があるのかと言えば一概にそうともそうでないとも言えません。

その人の髪の傷み方や年齢にもよります。

20代前後の若い年代の人はそれほど頭皮が老化してもいませんから、自分で修復する力もまだ十分にあります。

でも、30代を過ぎる頃から髪の毛や頭皮も老化し始めます。

白髪が増えてきてカラーリングを繰り返している人やパーマを何回もしていたりする人などは、その傷みは更に増しています。

そんな時には定期的に髪の毛や頭皮のケアをしてもらったほうがいいかもしれません。

紫外線を浴びることによっても髪の毛は傷んでしまうので、夏場のケアも効果があります。

トリートメントで髪に栄養補給を!

髪にも栄養補給を

美容室によってはカラーリングやパーマで髪や頭皮が傷んでしまってからでは完全に修復することが難しいので、きちんとした処理をしながら施術をしてくれるところも多くあります。

このようなところではトリートメントが必要ないという考えを持っていたりしており、良心的だとも言えます。

でも、カラーリングやパーマのサポートとしてではなく、頭皮や髪の毛に栄養分を与えるという意味では、トリートメントも効果が期待できるものです。

ストレス解消やリラックスを兼ねてたまにはぜいたくな時間を過ごしてもいいのではないでしょうか。

美容室で受けたトリートメントを長持ちさせる方法とは?

美容室で扱っているトリートメントは美容室ごとに違いますし、同じ美容室でもいくつかの種類のトリートメントを用意していることがあります。

これは髪ダメージの具合によってトリートメント効果が期待出来るものを選別するためですが、美容室で扱っているトリートメントにはどんな種類のものがあるのでしょうか?

まずハホホニと呼ばれるトリートメントですが、これはツヤ出し効果があるトリートメントとなっています。
ツヤを重視したタイプなので、ナチュラル感に人気があるトリートメントとなっています。

ムコタというトリートメントはヒアルロン酸やコンドロイチンなど、アミノ酸やムコ多糖類からつけられたネーミングのトリートメントです。
セラミド、アミノ酸でキューティクルを補修してくれる作用を持っています。
しっとりだけでなくツヤもアップします。

ケアトリコプリヴィというトリートメントも美容室では扱っており、頭皮ケアやダメージケアが出来るトリートメントです。
髪表面が整ってツヤを出すことが出来ます。
美容成分を根元から毛先までスピーディにトリートメントでき、日常生活の刺激から髪を守ることも出来るので、使っている美容室は多いようです。

アヴェダシリーズは美容に詳しい女性なら知っているブランドですが、マッサージやトリートメントで健康的な髪に導きます。
カラーやパーマの後の髪の毛の保護に役立ってくれます。

その他、ツヤに特化したもの、ダメージに特化したものと色々な種類のトリートメントが美容室では用意されています。
効果が高い順に料金も高くなりますが、目が飛び出るほど高いものではありませんから、せっかくなので美容室でカットした後はトリートメントするのがオススメです。

美容室がプローデュースしたトリートメントも

人気のある美容室になると、お店オリジナルのトリートメントを使用しています。

美容室がプロデュースしているため、もちろんお店の名前を全面に出しています。
名前を出す以上、その商品へのこだわり度が全く違います
評判の低い商品や効果が不十分なトリートメントを販売していると、実店舗の集客や評判にも関わってきてしまうから当たり前ですよね。

若い女子に大人気の「ニコるん」や「ぺこちゃん」など多くの芸能人が通っているアンククロスがプロデュースしているトリートメントなどは、芸能人も実際に利用されているようです。

一般にも販売されているので、興味がありましたら一度試してみてください。
アンククロスオリジナルシャンプー

※追記:アンククロスについて気になったので、後日調べてみました
モデル御用達♪アンククロス(ANKH CROSS)のシャンプー&トリートメントがおすすめな理由

美容室のトリートメントを受ける理想的な頻度について

シャンプーやリンスを行うのは毎日のことですが、中にはコンディショナーは1日おき、マスクは1週間に1度、という女性も多いようです。

しかし、美容室でトリートメントしてもらう場合、理想的にはどれくらいの頻度で通えばよいのでしょうか?
ツヤ髪をキープするのに必要な頻度はどれくらいなのでしょうか?

まず、ロングヘアとショートヘアで分かれるのですが、髪ダメージは根元から毛先へ行くほど強くなります

ショートの場合は髪型を維持するなら美容室に行くでしょうから、その際に毛先をカットし、一緒にトリートメントを行うぐらいで良いでしょう。

ロングの場合ですが、毎日トリートメントに通うより、少し伸びたら毛先を少しカットするだけでもある程度ケアすることができます。
毛先さえ気をつけておけば、1年に1回のトリートメントでもしっかり効果を得ることが出来るとも言われています。

1年に1回しか美容室に行かないという女性でも、日頃のケアをしていればカットしに行った際にトリートメントをすれば良いでしょう。

ロングヘアの場合は伸びてきて、毛先が痛んでいると思ったら自分で切る。
その後、毎日のシャンプーとリンス、コンディショナーやヘアマスクは毎日行うのがベストです。
1日おきとか、1週間に1度などスペシャルケアとしてヘアマスクを取り置きするのでなく、ダメージヘアになる前に予防としてヘアマスクも毎日行うのが良いのです。

一般的にはロングヘアは3か月に1度程度でトリートメントすれば毛先の痛みも少なくなります。
しかしコストがかかってしまいますから、セルフケアとして痛んできたら毛先をカット、という方法もありというわけです。

美容室で受けたトリートメントを長持ちさせる方法とは?

つやつやの髪の毛に仕上がって、満足!と思っているサロン帰りのあなた!

しかし、そのツヤ髪を自宅でもキープするにはどうしたら良いのでしょうか?

トリートメントを長持ちさせる方法にはちょっとしたコツが必要となります。

自宅ではトリートメントといっても、シリコンで表面をつるつるにしているケースが多く、指どおりは滑らかになりますが、髪ダメージを修復することは出来ません。

それに比べて美容室のトリートメントは髪の水分量を整え、スチーマーでしっかりトリートメント剤を髪の中に浸透させるので、内側からツヤ髪に変身出来るのです。
ですから、自宅でもツヤ髪をキープするためにトリートメントを行いましょう。

最も良いのは髪の毛を洗って、タオルドライした後、洗い流さないトリートメントを使って髪ダメージを修復する方法です。
美容トリートメントを使うことで、ドライヤーの熱により髪の内部にトリートメント成分が浸透し、つやつやの髪を維持することが出来ます。

またはシャンプー後にトリートメントをしてから、美容オイルを浸透させて、髪ツヤをキープすることも出来ます。

例として、あんず油などはベストな美容オイルです。
シャンプー、トリートメント後にあんず油を髪全体にコームを使って馴染ませ、シャワーキャップで10分放置し、その後洗い流せばつやつやな仕上がりになります。
タオルドライ後に美容オイルを使っても同じような効果を得ることが出来ます。

またお風呂でシャンプー、コンディショナーの後にヘアマスクと呼ばれるトリートメントを行うのも適切でしょう。
この場合もトリートメント成分をしっかり浸透させるために10分程度シャワーキャップで覆ってからすすぐようにするとツヤ髪を保つことが出来ます。

髪のダメージが気になる方は、美容室でトリートメントをしてもらった上で、毎日のケアに気をつけると良いでしょう!




関連する記事

最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン