避妊に便利なピルの副作用について

避妊に役立つとして知られるピルですが、その副作用も良く知られています。

主なピルの副作用としては吐き気や頭痛、胸のハリや肌トラブルあるいは肌がきれいになる、体重の変化があげられます。

ピルの副作用がなぜ起こるかというとホルモンバランスが変わることが挙げられます。

特に飲み始めた頃に見られる副作用として月経量の変化や頭痛、吐き気などがあるのですが、あまりにひどいため服用を中止する人もいます。

また不正出血を伴う人もまれにいるのですが、この副作用も飲み始めたばかりの頃1シート目に見られる現象で徐々に見られなくなっていきます。

ピルによる副作用で最も多いのは吐き気や頭痛ですが、これもエストロゲンが原因で起こるとされています。

低用量ピルであれば中用量ピルよりも副作用は起こりづらいのですが、それでも眠る前に吐き戻してしまう、頭痛で眠れない、日常生活に支障をきたすことがあります。

ただ頭痛の場合は痛み止めを服用することで治まることもありますので、我慢できないようなら飲んで様子を見ましょう。

またプロゲストーゲンにより胸が大きくなることがあり、ブラジャーのサイズが合わないことがあります。

胸のハリについては続くことも多いので、あまりにつらいようであれば薬の種類を変えてもらうことを検討しましょう。

なおピルを服用することでホルモン環境が変わるため静脈血栓塞栓症という病気を引き起こすことがあります。

さらに子宮頸がんや乳がんの発祥リスクが高まるのですが、卵巣がんや子宮体がんの発症確率は減るといわれています。


関連する記事

最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン