あなたはどんな人間関係築いてる?職場の人との上手な付き合い方

1日の大半を過ごす職場では、できるだけ穏やかに仕事に集中して過ごしたいものですよね。

そこで重要となるのが人間関係ですが、仕事上の付き合いだからこそ難しいのが実情です。

そんな職場の人との上手な付き合い方は、深入りしない、悪口を言わないというのがポイントです。

深入りしないというと寂しい感じがしますが、積極的に仲良くなろうとして無理をするのはやめましょう。

気が合う人とは自然と仲良くなっていくので、当たり障りのない態度で、とりあえず何でも受け流して深く関わらないのが一番です。

また、誰かに同調して悪口を言うと、変な派閥抗争に巻き込まれることがありますし、相手に伝わって険悪な関係になるかもしれません。

仕事のことで何かあるなら直接言う、それ以外は嫌いでも苦手でも触らぬ神に祟りなしと割り切って、偽物の笑顔でやり過ごしましょう。

人間関係だって断捨離!シンプルライフでストレスフリーな生活

人間関係は何歳になっても悩みの種の一つになるものです。

年齢を重ねるほど、学生時代の友達、遊び仲間、子供の親同士の付き合い、職場の人、近所付き合いなど人間関係はどんどん広がります。

それと同時に増えるのがストレスです。

近年はSNSの普及もあり、友達や知り合いはたくさんいるほど良いという傾向が高まっていますが、実際のところ本当に気が合って心が許せる人は少ないのではないでしょうか。

冷静に考えてみて、ストレスのほとんどが「知り合い」と呼ばれる人に与えられていないでしょうか。

もし人間関係がストレスになっているなら、断捨離をしてしまいましょう。

人間関係は知り合いが多いことではなく、その関係の質が大事です。

本当に相手を思いやる心が持てる人だけと付き合っていけば、何があってもストレスにはなりませんから、思い切って断捨離をしてストレスフリーな生活を手に入れましょう。

人間関係を断捨離(=リセット)ってどういうこと?上手なリセットの仕方

人間関係を断捨離(=リセット)というと、電話番号などを消去したり、ラインをブロックするなど極端な方法が思い浮かぶかもしれませんね。

確かにこのようなリセットをする人もいますが、あまり良い方法とは言えません。

人間はどこで繋がるか分からないので、縁を自分から切ってしまうと後で苦労することがあります。

上手なリセットの仕方とは、関係を断ち切るのではなく距離を置くことです。

何があっても連絡をしない、話しかけない、でも連絡が来たら適当に受け流す、挨拶されたら挨拶をするというように自分からのアクションをしないのが上手なリセット方法です。

攻撃的なリセットをすると相手からも攻撃されますが、距離を置くスタイルなら相手も攻撃しようがないので自然に疎遠になります。

リセットをしていけば快適な人間関係だけが残るので、ゆっくりでも時間をかけて実践していきましょう。


関連する記事

最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン