美容室のシャンプーと市販のシャンプー、あなたはどちらが好きですか?

美容室で髪の毛を洗ってもらうと、すごく気持ちいいですね。

使われているヘアケア用品はいい香りで、泡立ちもキメが細かくクリーミーです。

とっても贅沢な気分になれるのですが、市販のものとどう違うのかが気になるところです。

美容室のシャンプーとメーカーが販売している製品の違いは幾つかありますが、最も大きな違いが洗浄力です。

市販品のほうが洗浄力が強く、美容室で使われているものはあまり洗浄力が強くありません。

髪や頭皮の汚れを洗い落とす成分は、界面活性剤と呼ばれるものです。

市販のものにはアルコールで作られた界面活性剤が使われています。

このため泡立ちが良く、洗いあがりがスッキリとするのが特徴です。

ただ、洗浄力が強いので、頭皮や髪の毛にとって必要な脂分まで、洗い落としてしまうケースが多いのです。

これに対してお店で使われているものは、アミノ酸で作られた界面活性剤が使われています。

アルコールに比べて刺激が弱いので、優しく洗い上げ、頭皮や髪の毛への刺激が少ないのです。

また、パーマやヘアカラーが長持ちする効果も期待できます。

市販品は誰もが購入しやすいように、大量生産されていますから、コストを抑える必要があります。

それに比べて美容院で使われる製品は、プロが使うものですから、原料にもこだわって作られているのです。

このため、美容院のヘアケア用品は、お値段が高めというデメリットもあります。

毎日使うものですから、市販品であれ、美容室のものであれ、自分に合ったものを使うのが一番です。

洗いあがりの感じだけでなく、香りも大切なポイントですよね。

それぞれの良さを理解したうえで、自分にピッタリのシャンプーを選びましょう。

市販のシャンプー購入のチェックポイントとは?

シャンプーは有名メーカーから、地元密着型のナチュラルメーカーまで、とてもたくさんの種類が販売されます。

次々に新製品も登場しますから、何を選べばいいのか迷うという人も多いですね。

市販のシャンプーの基本的な用途は、地肌と髪の毛の汚れを洗い流すことです。

しかし、汚れが落ちれば何でも構わない、というわけにはいかないですよね。

市販のシャンプーに求める機能は人それぞれですが、おおまかにわけると次の5つの機能が挙げられます。

まず1つ目は、つやつやヘアーになりたいというもの。

髪の毛のパサツキが気になる人は、洗った後に髪の毛が潤うものを探しましょう。

オーガニックオイルなど、潤い成分が配合されている製品がおすすめです。

2つ目は、ダメージケア効果のあるもの。

パーマやカラーリングで疲れた髪の毛や、枝毛ケアなどの効果が期待できるものがいいですね。

いたんだ髪用など、ダメージ補修効果のあるものを選びましょう。

3つ目は、地肌にいいもの。

最近、女子の間でも頭皮ケアが人気です。

すこやかな髪の毛は健やかな地肌から。

ノンシリコンタイプなど、地肌ケア効果の高いものを選び、頭皮をマッサージしながら洗いましょう。

4つ目は、エイジング効果。

年齢を重ねるにつれて髪の毛が細くなったり、こしがなくなったりと、髪質も変化します。

エイジングケア用の製品でいつまでも若々しい髪の毛をキープしましょう。

最後は、香りや洗い心地といった心理的な効果です。

女性にとって、香りは重要なポイントです。

リラックス効果があるなど、お気に入りの香りを探すのも楽しいですね。


関連する記事

最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン