夏のヘアケア!紫外線ダメージから髪を守る3ポイント

いよいよ本格的な夏到来。アウトドアレジャーの楽しい季節ですね。
そんな夏は、紫外線のダメージが1年で1番厳しい季節。
髪が傷んでいたらオシャレも楽しめません!
ここでは美容師さんに教えてもらった夏のヘアケアのポイントを3つご紹介します!
きれいな髪で夏を楽しみましょう。

夏のヘアダメージはどんなものがあるの?

強い紫外線

強い紫外線

春から夏にかけてが1年でもっとも紫外線の強い季節。
髪の毛は紫外線を吸収しやすく、長時間日光に当たると、乾燥、ツヤがなくなる、コシがなくなるなどの影響がでてしまいます。ゴワついていたら要注意。髪の内部が乾燥している証拠です。
ヘアカラーやパーマをしている場合、ダメージを受けやすくなっているのでよりヘアケアに注意する必要があります。
また、頭皮も紫外線に当たると日焼けをしてしまうので、毛穴の広がりによる抜け毛や頭皮のたるみを引き起こしてしまいます。

海水浴&プール

海水浴&プール

海には塩分、プールには塩素が入っており、その成分が髪の乾燥を引き起こします。
サーファーの髪の毛を想像してみてください。脱色してしまっていたり、髪がゴワゴワだったりする姿が思い浮かびませんか? 日常生活であのようなダメージを受けることはありませんが、ケアを怠ると髪が傷んでゴワゴワになる可能性は誰にでもあるんです。

頭皮の汗を洗い流そう!

@tangle_teezer_japanがシェアした投稿

暑さから頭皮に汗が溜まりやすい季節ですので、毛穴の詰まりを取るためにシャンプーブラシで毛穴の汚れをしっか取りましょう。豚毛のものやシリコンのものなど多くの商品が販売されていますが、個人的にはシリコンの柔らかめのブラシが頭皮を傷めないのでおすすめです。

長時間ゴシゴシこするのはNG。頭皮を柔らかくしてあげるイメージで、普段と変わらない時間でOKです。ロングヘアの方は少しブラシ部分が長めのものを選ぶと頭皮までしっかり届きますよ。

ブラシはちょっと…という方は、スカルプケアシャンプーを取り入れてみては?

頭皮が痛みやすく、汗などでニオイが出やすい夏はシャンプーを変えるのも1つの手です。
その場合は指の腹を使いながら、汗をかきやすい額の上、後頭部を洗いきるようにしてみてください。

シャンプーブラシ・スカルプシャンプー、どちらも頭皮のケアをするアイテム。汚れが取れると髪に栄養が行き渡るようになりますので、コシ・ハリがでてくるようになりますよ。

ダメージヘアは週に1度きちんとケアを

ダメージヘアは週に1度きちんとケアを

毎日シャンプー・トリートメントを使っている女性は多いと思いますが、何分くらいトリートメントをしていますか? 忙しい毎日の中、長時間トリートメントをお風呂ですることは難しいかもしれませんが、週に1度は5分ほど時間を取って、きちんと内部まで浸透させる時間をとるようにしてください。
特に毛先は乾燥しやすいので、毛先にたっぷりとトリートメントをつけることをオススメします。

まだ間に合う! 髪と頭皮を紫外線から守ろう

ダメージヘアは週に1度きちんとケアを

傷んだ髪のケアも大切ですが、それと並行して毎日の紫外線対策も大切です。
外出前のUVケアスプレーも大切ですが、朝のヘアケアでおすすめなのはココナッツオイル。
ココナッツは暑い国で育つ果物。そのため、そのオイルは紫外線に強いと言われています。
髪にツヤを与えると同時に、紫外線から守ってくれますので、朝のヘアケアに取り入れてみてはいかがでしょうか・

そして、外出時には帽子・日傘を使いましょう! 
紫外線遮蔽率の高いものを選び、髪の長い方は帽子の中にしまう、大きめの日傘を使うなど意識してくださいね。

きれいな髪で夏のイベントを楽しもう!

きれいな髪で夏のイベントを楽しもう!

海・山・川に加えてフェスや夏祭りなどイベントが目白押しの夏。水着・浴衣などいつもと違うファッションも多くなりますよね。そんな時にきれいな髪だとさらにテンションがあがるはず!
頭皮ケア、ヘアケアを忘れずにきれいな髪で夏を過ごしてくださいね。


関連する記事

最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン