美容室のシャンプーだとサラサラ!?市販のシャンプーと何が違うの?

美容室で髪を洗ってもらうととても気持ちいいものですが、洗い上がりがいつもと違うことにも気づきませんか?普段自宅で髪を洗うとどうしても乾かした後の髪がゴワゴワになってしまったり、ブローが決まらなかったりするのに、美容室で洗ってもらった後の髪はサラサラで手触りが良く、まとまりもいいものです。

それは美容室で使っているシャンプーの効果なんです。

市販のシャンプーの特徴は?

美容室で使っているシャンプーは、市販のシャンプーと比べると成分が良く、価格も少し高めのものになっています。

市販のものには、洗浄力が強くしかもコストが安い洗浄成分であるポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩、ラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸カリウムなどが多く含まれています。

これらの洗浄成分(界面活性剤)が強ければ強いほど、髪の毛が傷みやすくなります。

髪の毛の汚れを落としてくれるのはいいのですが、その分髪がきしみやすくなるのが欠点です。

そのきしみを減らし手触りを良くしてくれるシリコンにも注意が必要です。

シリコンは少量であれば髪の毛の手触りを良くし、刺激からも守ってくれますが多すぎると髪や頭皮に蓄積してしまいます。

美容室のシャンプーの特徴は?

美容室で使っているものには強すぎる洗浄成分があまり含まれていないのが特徴です。

天然素材由来のアミノ酸系洗浄成分が使われているので、汚れをしっかり落としつつも髪の毛に与える刺激が少なくマイルドに仕上がります。

髪の毛が傷んだりきしんだりすることもないため、手触りがとても良いサラサラヘアになるというわけです。

その分、市販の製品よりも高額になってしまうのは避けられません。

ちなみに美容室で使っているシャンプーにもシリコンは含まれています。

ただ、これらのシャンプーに含まれているシリコンは水溶性なのですぐに落とすことができ、髪の毛や頭皮に蓄積するという心配がありません。

パーマやカラーリングの邪魔をしないのもこのシリコンの特徴です。

これらの成分の差も価格の違いに出てきます。

美容室で使っているシャンプーは、カラーリング剤の持ちも良くしてくれる特徴があります。

特にヘアマニキュアなどは自宅で市販のシャンプーで洗うたびに落ちやすくなってしまうものですが、天然の洗浄成分や上質のシリコンを配合したシャンプーで洗うと髪の色が長持ちします。

どうする!?美容室のヘアケア用品セールス

前述のように美容室のヘアケア用品には、良いところが沢山あります。

ただし美容室で行くたびに、オーガニックのシャンプーやトリートメントなど、シャンプーを実際に行いながら効用を説明したり、刺激の少ない成分を使っていることをアピールしたりと、一生懸命営業トークをする美容師さんにプレッシャーを感じたことはありませんか。

美容室のシャンプーなど購入する意思がある時はいいのですが、特に買うつもりがない場合は少しウザく感じることもありますよね。

実際、美容室で使っている商品は、そのお店の信用にも関わりますから、高品質のものが使われているケースがほとんどです。

ですから、今のシャンプーよりいいと感じて納得して購入するなら、まず問題はありません。

しかし、本当はあまり買いたくないけれど、美容師さんに気をつかってつい買ってしまったり、セールストークに負けてしぶしぶ買ってしまうという事態は避けたいものです。

今使っているヘアケア用品で十分満足しているなら、遠慮せずに断りましょう。

何と言って断ればいいのかわからない……という人は、家族が化粧品メーカーに勤務しているので、あるいは、実家がドラッグストアを経営してるのでヘアケア用品が家にたくさんあるから……などと答えておくと角が立ちません。

どこの会社ですかなどしつこく聞いてくるようなら、そこまで答えなければいけませんか?と聞き返せば、相手は何も言い返せないはずです。

販売ノルマがあるお店もあるので、美容師さんも一生懸命営業をしてきます。

でも、一度はっきりと断っておけば、この人はヘアケア用品を買わない人だということが伝わります。

そのことがカルテに書き込まれることも多いので、自分の意志をしっかりと伝えることが大切です。


関連する記事

最新コラム

人気コラム

最近更新されたサロン